ガチャポンが自由研究の課題になる?おすすめの課題はどれ?

>

お子さんと自由研究をする際の注意点

「どうしたい?」を話し合う

可愛いお子さんが困っているなら、親がしっかりとサポートする。その心構えはとても良いですが、親御さんばかりが主張するのもNGです。どんな課題にするのかは自由研究を大きく左右するものなので、お子さんがどうしたいのかをしっかりとヒアリングしましょう。

自由研究は実験・観察・工作の3つのカテゴリがあり、自分の好きなものを選択するのが飽きずに続けられるポイントです。普段から何に興味を示しているのか。どんなものが得意なのか話し合うきっかけにもなります。

その為、お子さんがしたい事や興味のある事を応援し尊重してあげるのが親御さんとしての一番大切な役割です。失敗してしまってもまたそれも良い思い出になるので、どっしりと構えていきましょう。

その作品は「親の作品」ではありませんか?

お子さんが試行錯誤している時に横やりを入れるのは最もやってはいけない事です。自由研究として人気の高いガチャポン作りは、お子さんによってはハードルが高く途中で諦めてしまう可能性もあります。

その時にお子さんを応援して作り直させるのと、親御さんが全て作ってしまうのは全く違います。理想を押し付けて完成度の高い自由研究をしてもお子さんのプラスにはなりません。「これは自分のものでは無い」「困ればいつでも助けてくれる」と考え、お子さんの健やかな成長を妨げる原因にもなりかねません。

たかが自由研究の課題一つでそうなる訳が無いと思うかも知れません。しかしほんの些細な事が積み重なり、お子さんの自主性を奪ってしまうのです。


この記事をシェアする