ガチャポンが自由研究の課題になる?おすすめの課題はどれ?

>

知っている様で知らない夏休み

化学系は根強い人気

お子さんの自由研究のサポートをしようと思ったのは良いけれど、どんな自由研究にすれば良いのか分からない。年齢やお子さんのタイプによっても違うので迷ってしまう事でしょう。

研究という名前がついている事から化学系の自由研究は、古今問わず人気を得ています。小学校低学年であれば手作りの入浴剤やバターなど、身近にあるものを作って見ましょう。豆乳から豆腐を作る。または魚の糞で野菜を育てるアクアポニックスなども人気の自由研究です。

これらはただ自由研究としてこなすのではなく知的好奇心をくすぐるので、お子さんを「もっと知りたい」という気持ちにさせてくれます。中には危険な実験もあるので、しっかり親御さんがサポートしてあげて下さい。

お子さんの「不思議」から決める

自由研究といっても具体的なイメージが浮かばないのであれば、普段お子さんが不思議に思っている事をうまく取り入れてみましょう。

その為には普段から親御さんがお子さんとしっかりとコミュニケーションを取っている必要があります。ほんの小さな不思議、疑問で構わないので少しずつ広げていけば立派な実験になります。
実験や観察は時間がかかってしまうので、すぐに飽きてしまうお子さんであれば工作を自由研究のテーマにするのも良いです。

キラキラと光る石鹸やキャンドル。ダイヤルを回すとカプセルが出てくるガチャポンやスマートボールなど楽しみながら作れるのも、自由研究の醍醐味です。これをきっかけに勉強に対する意識が変わるかも知れません。


この記事をシェアする